ひきこもりニートを脱出する方法 | 外に出る~就職するまで

f:id:SHISHAMON:20180328213625p:plain

このページでは、ひきこもりニートを脱出して外に出る~就職をするまでの方法を紹介していきます。紹介する方法は私の体験談ですが、よろしければ参考にしてみてくださいね。

 

こんばんわ、シャモです!

今日は私がひきこもりニートを脱出した方法を紹介していきたいと思います。

主な流れとしては、外にでる→就職するまでとなっております。

 

 

ひきこもりニートを脱出する方法

それではひきこもりニートを脱出する方法、スタート!

まず第一にやるべきことは当然ながら外に出ることです。

「いや、それ出来るようならこんな記事読んでねぇよ!!」

上記のように思うのは当然ですね。

そんなひきこもりニートの方におすすめしたい外に出る方法は散歩です。

私自身も散歩がきっかけでひきこもりを脱出することができました。

 

①散歩

散歩には、身体を動かせる・外の空気を感じられる・人と触れ合えるなど様々なメリットが存在します。

特に、人と触れ合えるはひきこもりの方にとってはかなりのメリットじゃないかと思います。

自宅から出ない=家族にしか会わないですが、散歩をすることで会話はしないにしても通りすがりの人たちを見ることができます。

「人が怖い」という方は散歩中に人を見て慣れるのがベストですね。

私はひきこもり時代に散歩を始めたのですが、いつのまにか会うたびに挨拶をするおじいさんができました。

お互いに名前も知らない仲ですが、数年たった今でもたまに会うと挨拶をする仲っていうのは少しほんわりとした気持ちになります。

今思うと私の「人が怖い」という気持ちを和らげてくれたのは、あのおじいさんなんじゃないかと思います。次にいつ会えるかわかりませんが、またいずれ会えたら嬉しいです!

少し話が脱線してしまいましたが、散歩をする際は近所でもなんでも自分が好きなところを歩けばOKです!

目の疲れを癒したい、リフレッシュしたいという方は公園なんかおすすめですよ!

私のように挨拶で人と触れ合う感覚を取り戻したい!という人は朝方の散歩(5時くらい)が良いと思います。

その時間帯はおじいさん・おばあさんしか基本的にいませんし、大半が散歩orジョギングをしている人のため通りすがりに相手から挨拶してくれる方が多いです。

 

②遠出してみる

2番目の項目は遠出をしてみるです。

散歩に慣れてくると徐々に外に出るのが嫌じゃなくなってきたり、楽しくなってくるんじゃないかと思います。

私はそのタイミングで1人で遠出をしてみることにしました。

私の体験談を紹介しますね。

その遠出の先は、電車とバスで1時間半ほどかかる山。

 

何を血迷ったのか1人で生まれて初めての登山に挑戦したくなったからです。

 

ひきこもりニートで散歩ぐらいでしか外に出てなかった私が強気にでましたね。

 

山の入り口に着いたときは、不安な気持ちと恐怖で正直登らずに帰ろうかとも思いました。

 

ですが、自分を変えたい・自分に自信を持ちたいという理由でわざわざ遠い山まで来たので「退かぬ!媚びぬ!!」と自分を奮い立たせ挑戦を決めます。

 

しかし、山登りの経験など無かったために1番シンプルな登山ルートからいつのまにか外れてしまいました。

 

スマホの電波もあったりなかったりだし、野生の動物もめっちゃ出そうだし「あー、もう超帰りたい!!」と何度も心が折れそうになりましたが、なんとか頂上に到着。

 

そのときに山の頂上から見た景色は1.75倍増しぐらい綺麗に見えました。天気悪かったけど。

上記の遠出してみる体験談は完全に私が先走ってヤムチャしただけですが、散歩に慣れてきたら電車などを使って出かけてみることをおすすめします。

目的はなくても全然OKです、でもせっかくなのでモチベを保つ的な意味でも好きな場所に行くのが良いと思います!

「いきなり満員電車はハードル高い!!」って方は10時~15時くらいの電車を利用したほうが良いですよ!

 

③就職に挑戦してみる

最後の項目は就職に挑戦してみるです。

遠出してみた際に、不安な気持ちよりも達成感や楽しさが勝っていたならばだいぶ外の空間に慣れてきた証拠です。

そんな状況になったなら、いずれニートを卒業して就職したいと考えている方は思い切って就職活動という行動に移してみるのもアリだと思います。

もちろん就職活動を始めたばかりのころは、不安な気持ちや苦しい気持ちで長続きしないかもしれません。

そんな方は苦しくなったらまた動けるようになるまで休んだっていいんですよ!

就職活動を始めたのに長続きしないと「自分はダメな人間なんだ・・・」と落ち込んでしまう人がいると思います。

というか私もそうでした。

だからこそ言えるのですが、心が苦しくなったら無理せずに休んでいいんです。

また元気がでてきたらいつでも挑戦できますもの!

ちなみに、ニートの方が就職活動をするときは就職エージェントを利用するのが1番おすすめですが、「とりあえず自分の力だけでやってみたい!」という方もいるかと思います。

そんな人は年齢にもよりますが、マイナビやリクナビを利用して自分で企業を探してみるのが良いですよ!

自分1人で就職活動を進めてみて、「やっぱり就職エージェントの力を借りてみよう」と感じた方は下記の記事を読んでみてくださいね!

 

ひきこもりニートを脱出して就職したいと考えている方へ

ひきこもりニートを脱出して就職したいと考えている方に伝えたいことがあります。

えらそうにひきこもりを脱出する方法とか書きましたが、私自身も中学時代から高校時代までひきこもりで1日ずーっとパソコンばかり見ていました。

同じような状況の方なら分かるとおもいますが、ひきこもりになったばかりのころは家にずっといれば苦しい気持ちにならなくてすむと思っていたんですよね。

ですが、年齢が上がるにつれて将来のことを考えるようになると、不安な気持ちがすっごい増してむしろひきこもりをしてるのが辛くなってきました。

そんな方は、とりあえず散歩をしてみるのがおすすめです!

外の空気を浴びると少しは気持ちが楽になりますし、動いてる最中は悩みを考えすぎることもないですし。

ちなみにこの記事では、ひきこもりニートを脱出して就職までという流れでしたが、他の選択も全然アリですよ!

年齢にもよりますが、10代であれば高卒認定試験を受験して大学に行くという選択肢も良いんじゃないかと思います。

私は中学時代からずっと引きこもりで学校に行っていませんでしたが、17歳のときに「不登校だったけど大学に行ってみたい!」と感じて中学1年生の勉強から必死にやり直して何とか高卒認定試験に合格することができました。

ただ、大学に行くには学費がかかるので金銭的に厳しいという問題はあるかもしれません。

そういう方はとりあえずバイトをしてみてその後を考えるのも良いんじゃないかと思います。

最後にこの記事の内容をまとめると下記です。

急いで社会復帰しなくても良いんです!
ゆっくりと自分のペースで生きてみてくださいね。

 

ニートの就職情報まとめは下記です。

 

ニートの生き方まとめは下記からどうぞ!