【click!】おすすめの就職サイトランキング

20代ニートの就職 | ニートの割合についても紹介

20代ニートの就職仕事

ブログ主のシャモです。

私は大学卒業後に就職しなかったため、20代で言わゆる新卒ニートになった経験があります。

心の病気が原因で精神的にだいぶ苦しかったのが理由ですが、将来を考えるとずっとニートでいるわけにはいけません。

そういった理由からしばらくニート生活を送った後にフリーターとしてバイトをスタート。

その後に就職して一度は契約社員として社会に出るも、長続きせずにすぐに無職に逆戻り。

そんな苦い経験をした私ですが、最終的にはITエンジニアとして就職することができました。

1度定職についたあと会社を辞めてしまった自分はダメな人間だ・・・。

そんなことを考えている方もいるかもですが、全然気にしなくて大丈夫です。

私の経験としては、半年ぐらい働いて長年働く自信がないと思ったなら辞めるという選択も全然アリだと私は考えています。

学校を卒業後に仕事をせずにニートの道を選択した自分は最低だ・・・。

そんな悩みを抱えている方も全然気にしなくて良いと思います。

生きてればそんなこともあります、人間だもの…

私も新卒ニートの道を選択しましたが、何とか生きていけましたし今も生きています。

1度ネガティブになると負の連鎖にはまってしまうので、ポジティブな気持ちだけは忘れないでほしいです。

ニートの自分が就活を今更したところでどこの会社にも入れないよ。。

そんなふうに考えている人も多いかと思います。

ですが安心してください、20代の若いうちは正社員としてあなたを雇いたいと思ってくれる会社はかなり多いです!

 

20代ニートの割合

総務省が公表している「労働力調査結果」の資料を見る限り、2019年時点の非就業率は以下のようになっています。

年齢非就職率
15〜24歳52.5%
25〜34歳14.7%

上記の非就職率の数値にはフリーターも含まれています。

調査の資料を見たかぎり、フリーターを除いたニートだけの割合は以下のようになっています。

年齢ニート率
15〜24歳3.2%
25〜34歳3.8%

20代ニートだけの正確な%を出すのは難しいですが、おおよそ20代の全人口の内3〜4%がニートだということが分かります。

簡単に説明すると、20代が100人いたらその中の3〜4人がニートということですね。

実際は調査で調べきれてない人たちもいるでしょうから、数値はもう少し上がるのではないかと思います。

%だけ見ると「自分は大多数の中から外れてるんだ。。」と落ち込みそうになりますが、日本全体で考えれば20代ニートの数はめちゃくちゃ多いです。

なので悩みすぎなくて大丈夫ですよ!

 

20代ニートの就職難易度

20代ニートから就職するのってやっぱり難しいのかな?

そんな不安を感じている人もいるかもしれません。

ですが安心してください、20代ニートの就職難易度は低いです。

コミュ障で人の目すらまともに見れない、ネット上でしかイキれない。そんな私でも就職できたので自信を持ってほしいです!

しかし、一括りに20代と言っても20代前半と20代後半では就職の難易度が変わる点には注意してください。

 

20代前半と20代後半ニートの違い

20代ならニートからでも正社員に就職しやすいのは間違いないですが、20代前半か20代後半かによって難易度は変わります。

私がお世話になった就職エージェントさんから教えてもらった情報は以下です。

あまり知られてないけど、25歳までなら職歴関係なしに新卒と同じ待遇で受け入れてくれる企業はかなり多い。逆に20代後半、28歳あたりを越えて職歴がないと就職難易度はどんどん上がってしまう。でも今は30歳までOKな企業とかも増えてるから頑張り次第でなんとでもなるって感じかな。

25歳以下なら就職難易度が低く、選べる幅がかなり広いのは間違いないようです。

でも日本は若者が少ないこともあって、29歳でも受け入れてくれる企業は全然あるとのことなので安心してくださいね!

正社員として就職を考えているのであれば、選べる幅を広げる意味でも早めに行動に移すことをおすすめします。

もしすでに20代後半という方は下記の記事を参考にしてみてくださいね。

29歳ニートが就職を決意した理由 | タイムリミットは近い!
この記事では、29歳ニートからITエンジニアに就職したTさんとのやり取りをインタビュー形式で紹介しています。後半では29歳と相性の良い就職支援を紹介しているので、28〜29歳の人は参考にしてみてくださいね!20代ニートだった私が就職した体験

 

20代ニートの就職体験談

20代ニートの就職は意外と簡単なんです!

学校を卒業してからしばらく経過してるし、今から就ける仕事なんて工場労働かバイトぐらいしかない。。

こんな風に思っている人が多いと思うのですが、20代のうちはいくらでも仕事が見つかります。職種だって選べる幅が広いです。

私はバイトを辞めてニートになった際に、若者(主にニート)の就職をサポートしている会社が開催している無料の教室に通っていた経験があります。

その時の体験談をこれから紹介しますね。

試しに参加してみた理由としては、あなたに合う仕事が見つかります!というキャッチフレーズに惹かれたんですよね。

ネットから申し込みをして面談という形で行ったのですが、面談当日に会社に入るとかなりの人数の若者がワイワイと話をしていました。

その時に私は「あれ、定職に就いてない若者って以外と多いんだ」と思いました。

それを知れただけで、気持ちがものすごく楽になったのを覚えています。

面談をしてみたところ、会社からいま紹介できるのはITエンジニア職か営業職のみとのこと。

“あなたに合う仕事が見つかります”ってキャッチコピーは何だったの?と思いましたが、同年代の人と交流もしてみたいし無料なら入ってみようかなと思い、教室に参加することになりました。

そこで知り合って友人になったのが、21歳の男性、23歳の男性、24歳の男性の合計3人

彼らのプロフィールを簡単にまとめると下記です。

21歳男性:高校卒業後から3年近く引きこもりニート、バイトの経験も無し
23歳男性:大学を卒業後に就職、その後にすぐ辞めてからニートに
24歳男性:不明(詳しいことは聞けませんでしたが、現在はニートとのことでした)

そんな愉快な仲間達と毎日をエンジョイしていたのですが、残念なことに2週間ほどで1人目のリタイア者が出てしまいました。

まあそれは私なんですが。

シャモ
シャモ

俺は・・・ITエンジニアにも営業にもなりたくない!

そんな感じで何の技術も持っていないのに、クリエイティブで楽しい仕事がしたいとかいう意味不明な理由で会場を後にしてしまいました。

その後に後悔も反省もしていないのが私の欠点であり長所だと思います。

教室を辞めてから2週間ほど経過したある日、21歳の男性からラインが飛んできました。

その内容はこんな感じ。

「ITエンジニアとして無事に就職先が決まりました!!○○さん(24歳のほう)も同じ会社に受かりましたよ!」

私は心の底から「すごい!!おめでとう!!」というお祝いの言葉を送りました。

まだニートでありながら、就職が決まった人に心からおめでとうを言えちゃう時点でダメな気もしますがなぜか私も嬉しかったです。

というかそんな私の心境はどうでもいいですね。

話がだいぶ脱線してしまいましたが、重要なのは1ヶ月ぐらいで職歴のないニートも就職できちゃう可能性があるってことなんですよ!!

私の面談をしたITエンジニア会社の人いわく、29歳までなら未経験エンジニアとして全然雇いたいとのことでした。

未経験に対して紹介してくれるIT企業は、インフラ系の仕事をしているところが多いです。アプリを作るような開発系の仕事は就職難易度が高め。

29歳ニートからITエンジニアに就職した方にインタビューした話は下記の記事で紹介しています!

29歳ニートが就職を決意した理由 | タイムリミットは近い!
この記事では、29歳ニートからITエンジニアに就職したTさんとのやり取りをインタビュー形式で紹介しています。後半では29歳と相性の良い就職支援を紹介しているので、28〜29歳の人は参考にしてみてくださいね!20代ニートだった私が就職した体験

25歳以下なら、普通に新卒と変わらない待遇で雇ってくれる会社も多いので好条件を諦める必要はないですよ!

オマケ:ちなみに私はその後にITエンジニアとして就職しました。

とりあえずここまでの流れをまとめると下記です。

  • 25歳以下は新卒とほぼ変わらない
  • 29歳までなら未経験でも仕事を探せる
  • 高卒でも雇ってくれる会社は普通にある

自分の学歴や経歴で諦める必要はないですね!

 

仕事を探すなら就職エージェントの力を借りよう

ニートは1人で仕事を探すよりも、詳しい就職エージェントの知識を借りたほうが絶対に良いです。

就職エージェントが無料な理由、信頼できる理由、ブラック企業を紹介される確率が限りなく低い理由について詳しく知りたい方は下記リンクの記事を読んでみてくださいね!

関連記事ニートに就職エージェントをおすすめする理由

 

20代ニートが利用すべき就職支援

20代ニートと相性の良い就職支援をランキング形式で紹介していきます。

 

1位:就職Shop

就職Shop公式サイト

利用制限:なし
求人の待遇:正社員のみ
扱っている職種:さまざま

就職Shopは既卒・第二新卒・フリーター・ニート向けのエージェント。

2006年から続く実績&安心感のあるエージェントで口コミ評判もかなり良いです。

求人を受けるさいに書類選考なしで面接に挑戦できるため、経歴に自信のない人との相性は抜群

就職shopの口コミ評判を調べた記事は下記から飛べます!

就職Shopの公式サイトは下記から飛べます!

就職Shopに無料登録する

 

2位:JAIC

JAIC-公式

利用制限:高卒以上の18〜34歳
求人の待遇:正社員のみ
扱っている職種:さまざま

JAICは正社員のみの求人を扱っているエージェント。

高卒以上の経歴であれば、職歴のないニートでも問題なく利用することができます。

最近サービスが大幅リニューアルされた結果、不評だった営業研修がなくなり利用者が急増しています。

20代後半でも豊富に求人があるのが強みです。

 

3位:GEEK JOB

GEEK JOB(ギークジョブ)とは

利用制限:高卒以上の18〜29歳
求人の待遇:正社員・契約社員
扱っている職種:ITエンジニアのみ

GEEK JOBは未経験からのITエンジニア就職・転職をサポートしてくれるプログラミング学習サービス。

GEEK JOBから紹介された企業に就職することが条件ですが、無料で2ヶ月間の本格的なITエンジニア講義を受講することができます

扱っている求人のジャンルはITエンジニアのみですが、未経験からITエンジニアを目指すと決めて就職活動をするならおすすめNO.1です!

 

関連記事GEEK JOBはニートでも利用可能!無料でWebエンジニア・プログラマーの研修を受けれる!

 

4位:ハタラクティブ

ハタラクティブ-公式サイト

ハタラクティブ20代をメインとした若年層の就職・転職の支援サービス。

完全に未経験でも正社員として就職できる求人をメインに取り扱っているエージェントです。

ハタラクティブの口コミ評判は下記を参考にしてみてくださいね!

ハタラクティブの注目すべき特徴は以下。

  • 中卒・高卒でも利用できる
  • 40代でも利用できる
  • 対象エリアは関東圏のみ

40代でも利用できるというのは驚きですよね。

しかし当然ですが、年齢が上になるにつれて求人の数は減ってしまいます。

関東圏に住んでいないと利用しづらいのがネックですが、近くにお住みの方はおすすめです!ハタラクティブが気になる方は、下記のボタンから公式サイトを見てみてくださいね。

ハタラクティブに無料登録する

 

20代という若さがあれば、ニートであろうと就職なんて意外とちょろいです!

これから就職を考えている方は参考にしてみてくださいね。

コメント