【click!】おすすめの就職サイトランキング

Webデザイナーは未経験ニートからでも就職しやすいってマジ?なるための方法も紹介するよ!

Webデザイナー-未経験ニート-就職 職種
2019.6/7追記 このページではWebデザイナーは未経験ニートからでも就職しやすいの?ということを紹介。記事の後半では未経験からWebデザイナーを目指す際におすすめの就職エージェントを2つ紹介しているので気になる方はぜひ目を通してみてくださいね!
シャモ
シャモ

どうも、シャモです!

今日は創作が大好きな方にはたまらないお仕事、Webデザイナーをご紹介。

Webデザイナーってどんな仕事なの?

そんな疑問を持っている方も多いと思うので、Webデザイナーの仕事内容も後ほど説明しますね!

 

Webデザイナーは未経験ニートでも就職しやすい?

最初から結論になりますが、Webデザイナーは未経験ニートでも就職しやすいです!

職歴なしニートがそんなクリエイティブな仕事目指せるわけねぇだろ!

そんなふうに思うかもしれませんが、クリエイティブな仕事だからこそ職歴・経歴がさほど重要視されないのです。

もちろん「以前にWebデザインの仕事をしてました!」みたいな経歴を持っている人はそれだけで有利なのは間違いないです。

ですが、

  • 未経験だけど転職してWebデザイナーになりたい
  • 未経験だけどニートからWebデザイナーになりたい

上記の2つを比較した際に企業が重視するのは職歴よりもやる気・知識・センスです。

ちなみにここまでの話はWebデザイナーとして企業に勤める場合。

後ほど詳しく解説しますが、Webデザイナーの最大の魅力はフリーランスとして働きやすいことも上げられます!

 

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーの主な仕事内容はWebサイトのデザインを制作すること。

相手は企業だったり個人だったり様々です。

「こんな感じに作って!」と指示してくる相手もいれば「オシャレな感じでおまかせします」と言ってくる人もいるので、その時によって対応は違います。

ちなみに私のこのブログのデザインもWebデザインに詳しい方が作ったもの。私が利用しているはてなブログでは、オシャレで素晴らしいデザインを無料で使えるように提供してくれる方がとても多いです!

2019.6/7追記
現在このブログは はてなブログではなくワードプレスで運営されています。ですが今のブログのデザインも才能のあるWebデザイナーさんが作ったものですよ!

そのおかげで、私みたいに対して知識がない人間でもオシャレなブログデザインが使えるわけですね!

 

Webデザイナーはフリーランスを目指しやすい

Webデザイナーの最大の魅力はフリーランスを目指しやすいこと。

つまりWebデザイナーは自宅で仕事をしやすいのです!

スキルや知識があるWebデザイナーさんであれば「個人にお仕事をお願いしたい!」と思ってくれる方はかなり多いです。

例を上げると、サイトのデザインを作って欲しい、サイトのこの部分をカスタマイズしてほしいみたいな依頼ですね。

そういった依頼をこなして実績を積み重ねているうちに、依頼をしてくれる方はどんどん増えていくという相乗効果です。

後ほど詳しく解説しますが、Webデザイナーを目指したい方はブログやTwitterで積極的に活動するのがおすすめですよ!

 

ニートがWebデザイナーを目指す際におすすめの就職エージェント

ニートからWebデザイナーを目指す際におすすめの就職エージェントを2つご紹介。

2つとも利用制限なし、経歴・職歴を重視しないエージェントとなっているので、気になる方はぜひ登録してみてくださいね!

 

ワークポート

IT業界・Web業界を目指すなら登録必須と言ってもいいエージェント。とりあえずここに登録しておいて損はないです。

ワークポートは未経験でも挑戦したい業界の求人を紹介してくれる転職エージェントなので、未経験ニートでも非常に利用しやすい仕組みになっています。

利用制限:なし
求人の待遇:正社員、派遣

年齢も不問で利用することができますが、23~35歳の求人をメインに取り扱っているため、35歳を超えてしまうと求人数が減少してしまう点は注意です。

ですが、35歳まで問題なく利用できるのはかなり珍しいですよ!

転職エージェントならではの強みですね。

ワークポートが気になる方は下記の記事を読んでみてくださいね。

 

ハタラクティブ

ハタラクティブ

※関東圏で仕事をしたい人限定

ハタラクティブは既卒・フリーターなどの20代をターゲットにした若年層の就職をサポートをしている就職エージェント。

利用制限:なし
求人待遇:いろいろ(正社員多め)

20代をターゲットとなっていますが、ハタラクティブは年齢、学歴・経歴すべて不問で利用することが可能です。

数は少ないですが、ハタラクティブには40代でも受けれる求人も存在しますよ!

そしてハタラクティブを利用して就職した人の15%がデザイン系の職種。

なのでワークポートほどとまでは行きませんが、Webデザインの求人になかなか強いエージェントです。

ハタラクティブを利用する注意点としては、ハタラクティブは関東圏限定(東京・神奈川・千葉・埼玉の4つ)の就職エージェントだということです。

登録は誰でもできるけどその4つの地域の求人しか扱ってないよーってことですね。

なので、関東圏以外で就職をしたい方は他のエージェントを利用することをおすすめします。

ハタラクティブが気になる方は下記の記事を読んでみてくださいね!

 

Webデザイナーを目指す方はブログやTwitterを利用するのがおすすめ!

Webデザイナーを目指したいと思っている方は、まずブログやTwitterを始めてみるのがおすすめ!

ブログやTwitterを利用するとメリットを簡単にご紹介しますね。

 

Twitterを利用するメリット

WebデザイナーさんはTwitterを有効活用している方がかなり多いです。

その理由の1つは、Twitterを使ってるブロガーさんが多いから

フリーで仕事をしているWebデザイナーさんにとって1番身近なお仕事はやはり、個人からのサイト作成・カスタマイズ依頼です。

自分のことを知ってもらわないとそもそも依頼なんて飛んでこないわけなので、SNSで積極的に発信するべきですね!

そして、Twitterを利用しているWebデザイナーさんはかなり多いので、その方たちから有益な情報を得れる・お話ができるというのもかなりのメリットではないでしょうか。

 

ブログを利用するメリット

ブログを利用する1番のメリットは自分の作品を見てもらえること!

「こんなことできます!」って宣伝するよりも自分がデザインした作品を見てもらうのが手っ取り早いですもんね。

そんなこともあってか、ほとんどのWebデザイナーさんはブログを持っているイメージです。

自分が作った作品をコメントなどで評価してもらえるのも、モチベーションが上がって良いのかもしれませんね!

 

まとめ

この記事の内容を簡単にまとめると下記です。

  • 未経験ニートでもWebデザイナーを目指せる
  • Webデザイナーは在宅で働きやすい
  • Webデザイナーの求人に特化したエージェントもある
  • これから目指すならTwitter、ブログなどを有効活用するべき

よろしければ参考にしてみてくださいね!

コメント