【click!】ニートの就職情報まとめ

強迫性障害の辛い加害恐怖の症状 | 私が克服した治療方法も紹介

病気

このページは強迫性障害の症状の1つである辛い加害恐怖の症状や私が克服した治療方法を紹介するページです。

 

こんばんわ!

私は、14歳のころに強迫性障害を発症しました。

発症した当時は病名がわからず、強迫性障害という言葉を知ったのは18歳のときです。

 

病名を知ったとき、自分はイカれてるんじゃなくて病気だったんだ。と気持ちが楽になったのを覚えています。

私の経験談を聞いて、悩んでいるアナタの気持ちが少しでも楽になってくれると嬉しいです!

※↑の関連記事をすでに読んでくれた方は、目次の加害恐怖の症状をクリックしてそこから読んでくれれば大丈夫です!

 

 

スポンサーリンク

強迫性障害とは

強迫性障害の症状は下記。

自分の意に反して、不安あるいは不快な考えが浮かんできて、抑えようとしても抑えられない強迫観念(きょうはくかんねん)
、あるいはそのような考えを打ち消そうとして、無意味な行為を繰り返す強迫行為(きょうはくこうい)。不安が基礎になっている病気なので、不安障害に分類され、強迫性障害と呼ばれます。

Yahoo!ヘルスケア

一言でいうと、脳が思ったようにコントロールできない という病気です。

50人に1人の割合で発症する病気なので、そこまでめずらしいわけでもないです。

公表していないだけで、身の回りの知人にいてもおかしくないぐらいの割合ですねw

強迫性障害の症状としては、不潔恐怖、確認行為、加害恐怖、被害恐怖、自殺恐怖などほかにもたくさん。なので、人によって悩んでいる症状は違うかと思います。

例:

  他人に対して暴言を吐くことなんてない

と思っているのに、もしかしたらひどいことを言ってしまうんじゃないだろうか。

そう考え出すと、自分が暴言を吐いてしまう気がして冷静じゃいられなくなる。

② 10分前に手を石鹸で洗ったからキレイだ

けど、本当はまだ汚れが残っているのかも・・・。

また手を洗わないとダメだという強迫観念から再び手を洗う。

ちゃんとスマホのアラームはつけた

と1度確認したのに、本当はついてないかもと再び確認。

5回、10回と過剰に確認をし続ける。

このように自分の頭ではわかっているのに、もしかしたら を考えて悩みすぎてしまうのが強迫性障害の特徴かと思います。

ちなみに①が加害恐怖の症状に該当します。

 

強迫性障害の有名人

つらい話ばかりでは、気持ちも落ち込んできてしまうので、少しポジティブになれそうな話も書いておきますw

強迫性障害の有名人としては、

  1. 鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)
  2. 村本大輔(ウーマンラッシュアワー)
  3. デイビッド・ベッカム(サッカー選手)
  4. レオナルド・ディカプリオ(俳優)
  5. イチロー(野球選手)

症状は様々ですが、強迫性障害を持っているようです。

イチローは、自分で公表しているわけではないので恐らくですね。

公表していないだけで有名人の中にももっと多くいるんじゃないかと思います!

 

加害恐怖の症状

加害恐怖の症状は下記。

自分の不注意などによって他人に危害を加える事態を異常に恐れる。例えば、車の運転をしていて、気が付かないうちに人を轢いてしまったのではないかと不安に苛まれて確認に戻るなどの行為。赤ん坊を抱いている女性を見て、突如としてその子供を掴んで投げてしまったり、落としたりするというような、常軌を逸した行為をするのではないかという恐怖も含まれる。

強迫性障害 – Wikipedia

私はいろいろな強迫性障害の症状を持っていますが、中でも一番きつかったのがこの加害恐怖です。

私が中学生のころ、ニュースで悲惨な事件を見るたびに自分もあんなことしてしまうんじゃないかという恐怖を感じていました。そんなことしないと思っていても、もしかしたらを考えすぎてしまったんですよねw

もしかしたらというその考えを打ち消そうと頭の中でひたすら「自分は大丈夫だ。誰も傷つけたりしない。」って言い聞かしていたのですが、これが強迫行為になってしまったようです。

症状が症状なので、他人に相談しづらいのがこの加害恐怖の特徴なんですよね・・・。

この加害恐怖をきっかけに、私はパニック障害も発症してしまいました。

f:id:SHISHAMON:20170901155911p:plain

加害恐怖で悩んでいる人は優しい人

加害恐怖で苦しんでいるアナタはとても優しい人です!

※つまり私も優しい、つまり私m(重要なことなので2度)

そもそも優しくない人はこんな症状で悩まないですよね。

なので加害恐怖をもっているアナタは他人を傷つけたりしないので大丈夫です。

自信もってください!!

傷つけてしまうかもしれない。とパニックになる日々を数年間ほど私は過ごしてきましたが、誰も傷つけたりしませんでした。

そして今では、加害恐怖もだいぶ治まっています。

とてもつらい日々でしたが、今思うとマイナスばかりではないです!

つらい思いをした分、人に優しくできるようになったのはプラスですねw

 

辛い加害恐怖を克服する治療方法

理想はやっぱり、早めに心療内科に行くことだと思います。

強迫性障害は、どの症状も早めなら早いほど治療しやすいです。

私が心療内科に初めて行ったのは22歳のとき。

強迫性障害を発症してから8年以上、おまけにパニック障害なども併発していました。

これを読んでくれている人は、私のようにならないためにも、勇気を出して心療内科に行ってほしいです。

私は悪化しすぎたせいで、3ヶ月ほど通いカウンセリングなども受けましたが正直完治するとは思えませんでした。

もし心療内科に行ってみる!という方は強迫性障害について詳しい病院を選択するように気をつけてください。(私が通ったところはパニック障害がメインで強迫性障害はあんまりだった)

 

心療内科に行くのが理想ですが、親に打ち明けられないし病院に行くお金もないという子供もいるかと思います。

というか私がそうでしたw

そういう子は、スポーツや物作りなど何かに夢中になってみてください!

おそらく夢中になっている間は、強迫性障害について考えすぎずに済むと思います。

それでもつらい場合は、この記事にコメントしてください!

誰かに打ち明けると少しは気持ちが楽になると思うので!!

 

加害恐怖を克服するなら

強迫性障害の治療法として “あるがままを受け入れる”というものがネットによく書かれていますが、加害恐怖の症状の治療には向いていないと思います。

電気の消し忘れ、手の汚れとかと違って、人を傷つけるっていうことは受け入れられることじゃないんですよね。

なので加害恐怖を克服する方法は、”自分は人を傷つけない、傷つけるかもしれないと恐怖になるのは病気の症状なんだ“と理解することだと思います。

私はそう理解するうちに、心がだいぶ楽になることができました。

 

辛い加害恐怖で悩んでいるアナタへ

加害恐怖が発症してからの数年間は、とても辛いと思います。

私も発症直後、起きている間はそのことばかり考えてしまい、何もしていないのに体力を消耗して毎日12時間ほど寝ていましたw

寝ている間は何も考えずに済むので、睡眠が救いだったんですよね。

恐怖でパニック状態になったときは、誰かを傷つけるぐらいなら死んだほうがマシだって思ったこともありましたが、ちゃんと生きてます!大丈夫です!!

私の経験としては、

  • 時間が経てば少しずつ症状が楽になる
  • ポジティブに考えるようにすれば悩みすぎない

 

自分を追い詰めるとどんどん苦しくなるので、辛いときは素直に休んだほうが良いですよ!

YouTubeで世界の綺麗な絶景を見て癒されたり、いずれ行きたい!!と夢を持ってモチベーションを上げるのとかオススメ!!

強迫性障害という病気が、いろいろな方に伝わって欲しいなぁ。

ばいばい!

f:id:SHISHAMON:20170901172046p:plain

スポンサーリンク
病気
スポンサーリンク
シャモをフォローする
ニートlabo

コメント

  1. 名無し より:

    自分も最近加害恐怖が辛いです。
    包丁で母親を刺す想像ばかりしてしまいます。

    • シャモ シャモ より:

      >> 名無しさん

      コメントありがとうございます!
      私も加害恐怖の症状が激しかったころ、家族や大切な人を包丁で刺してしまうのではないかという想像がとても辛かったです。

      怖い想像をしてしまうのは名無しさんが優しい人だから。
      誰も傷つけたくない、絶対にいけないことだと考えれば考えるほど恐怖が強くなっていってしまうんですよね。。

      「人を傷つけてしまうのが怖い」と悩んでいる名無しさんはまちがいなく優しい人です!
      そんな名無しさんが人を傷つけたりすることはないので安心してくださいね!

  2. めろん より:

    初めまして。ブログを読ませていただきました。

    わたしも大分前から加害恐怖でずっと悩まされています。
    車を運転し、左折右折する度に誰かを引いてしまったのではないか?と悩まされることが多くあります。
    その度に寝るまでに悩み続けることが多くあります。確認してしまうことも多くあり、何度確認してもまだ誰かを傷つけてしまったのでは、と思うことが多くあります。

    あまり車を運転しないほうが、と思うこともあるのですが、車を運転しないと行けない場所も多く悩まされる日々です。
    少しでも恐怖が取り除かれるように考えるべきことはありますでしょうか。

    長文になり大変申し訳ありません。

    • シャモ シャモ より:

      >> めろんさん

      コメントありがとうございます!
      確認行為と加害恐怖で悩まれているのですね。。

      私も確認行為に悩まされていた時期がありました。
      めろんさんと似たような経験ですと、自転車をこいでる際に通りすがった人に危害を加えてしまったのではないかと道を逆戻りして確認したことがあります。

      私の場合、確認行為に関しては一切確認しないというスタイルで生活を送っているうちにだいぶ症状が良くなりました。
      最初は確認行為をしそうになる自分を止めるのが大変でしたが、続けているうちに確認行為をしなくても心が安定してくるはずです!

      加害恐怖、確認行為どちらの症状にもいえることですが、恐怖を避けないほうがいいです!

      私は加害恐怖がひどかったとき、キッチンに置かれている包丁を見るだけでパニック状態をおこしていました。
      しかし、自分で包丁を持って実際に料理をしてみることで恐怖の症状がだいぶ楽になりました。

      包丁が怖い、車が怖いなど恐怖に襲われてしまう気持ちは分かります。
      ですが、恐怖を感じるのは自分が加害恐怖に囚われているからなんです!
      「怖いと感じるのは加害恐怖の症状のせいで自分はそれを理解している。」
      そう思えるようになれば少しずつ気持ちが楽になっていくはずです!

      めろんさんの場合、生活に車の運転が必要ということもありますし、運転を避けるよりも恐怖を感じるのは加害恐怖の症状のせいだと理解することが大切だと思います!

      めろんさんは人を傷つけたりしないので大丈夫です!
      加害恐怖で悩んでいる方は、誰も傷つけたくないと思ってるとても優しい心の持ち主なんですよ!
      そんな優しいめろんさんは人を傷つけたりしないので自信を持って生活してみてくださいね!

  3. まるちゃん より:

    この記事を読んで涙が出ました。
    いろんな強迫観念が出てますが、今は加害恐怖が一番出てて…
    本当に自分はやっていないのだろうか、絶対やってない!いや、もしかしたら…とずっと頭の中をぐるぐるしてて気が狂いそうです。
    そんな中、この記事にたどり着きました。
    もうすぐ新しい病院に行きます。
    今までの病院は先生と合わなくて1、2回で行かなくなったので、そろそろ通い続けられる病院に行って治療したいです。
    なんだかいっぱい書いてしまいました。すみません。

    • シャモ シャモ より:

      >> まるちゃんさん

      コメントありがとうございます!
      私も加害恐怖の強迫観念でとても悩んでいたのでまるちゃんさんの辛さが痛いほど分かります。
      自分でも考えすぎだと理解してるのにもしかしたらが止まらないんですよね。。
      今度のお医者さんはまるちゃんさんと相性が良い方だといいですね!
      私は辛い気持ちを誰にも言えず1人で抱えこんでいたときが最も苦しかったです。
      なので、まるちゃんさんが辛い気持ちをため込んでしまったときはまたいつでもコメントしにきてくださいね!