「就職に受からない」そんなニートは落ち込む必要なんてないんやで!

f:id:SHISHAMON:20180326232733p:plain

こんばんわ、現役ニートのシャモです!

「ニートを卒業して就職してやるぜ!!」

そんな風にやる気を出したものの、なかなか就職に受からないと落ち込んじゃいますよね。

私自身もニートから就職活動を始めて全然受からなかったときは

「就職に受からない・・・」

「終わりだ・・・もうお終いだァ・・・」

「今のワシには何が足らんのじゃ・・・!?」

みたいにかなり落ち込んでしまった記憶があります。

今日はそんなニートの方たちに伝えたいのですが、就職に受からないからって落ち込む必要なんて全然ないんですよ!!

 

 

ニートが就職に受からないのはある意味チャンス

ニートが就職に受からないのはある意味チャンスなんですよ!!

「は?チャンスってどういうことや?」

そんなふうに思うかもしれませんが、考え方によったら普通にチャンスなんですよね。

受からなかった仕事が自分には合わない仕事だったかもしれない、そこで就職が決まらなかったおかげで後から夢中になれるような仕事に出会えた。

考え出したらキリがないのは当然ですが、上記のような可能性もありえますもの!

なので、落ち込んで自分の自信を失うよりも"自分とは縁のない会社"だったと考えたほうがモチベーション的にも絶対良いです!

私自身の経験談としては以下のようなものがあります。

就職活動で、ある企業を受けるも落選。

 

その後、無事に他の企業の内定をもらう。

 

入社後に他社との合同研修なるものがあり、その研修の場で自分が受からなかった企業に入社した新人と偶然知り合う。

 

どういう会社だったのか気になる好奇心で「どんな感じ?」といくつか聞いてみたのですが、話を聞いた感じ「あー、私には合わないな。ぶっちゃけ落選して良かったかも」という出来事が過去にありました。

ぶっちゃけ自分が入社した会社も合わなかったのでどっちもどっちですが、そういうパターンもあるよー!ってぐらいに思っていただけると嬉しいです!

(会社が自分に合わないと感じた場合は、そもそも業界・業種てきに相性が悪い可能性もあるので、他の業界を探すのも手ですよ!)

 

ポジティブでいたほうが絶対に良い

一番重要なのがこれですね。

「就職に受からない・・・」

そんなふうに考えすぎたり、落ち込みすぎるのは精神的にあまりよろしくないです。

受からない数を重ねるごとに自分へのプレッシャーが増しますし、自分の自信喪失にも繋がってしまいます。

それに人を募集している企業側から見ても、ネガティブな人よりポジティブな人の方が絶対に印象が良いです!

過去にネガティブになってしまった私が言ってもただのブーメランですが、自信の無さっていつのまにか表情に出ちゃうんですよね。

なので「自分を採用しないなんて1億万円ぐらいの損失だぞタコ野郎」ぐらいに強気でいたほうがいいです!

ポジティブな気分になるためのおすすめ方法としては、日常生活から笑顔を心がけることとかおすすめ!

最初はうまく笑えなくて難しいかもしれませんが、多少無理やりでも笑顔を心がけていると自分の気持ちも明るくなりますし、相手からの印象もかなり良くなるはずです!

就職活動の面接で笑顔がめっちゃ効果ある!って記事も書いているので、気になる方は下記のリンクを見てみてくださいね。

 

就職に受からないからって落ち込むな!完全にポジティブでいろ!!っていうのはぶっちゃけ無理だと思いますが、落ち込みすぎると良いことないので嫌なことはなるべくすぐに忘れるのがおすすめ!

私は嫌なことがあると「考えると疲れるから気楽に生きよう」と割り切ることにしています!

就職に受からなくて落ち込んでいる方や、これから就職はじめるぜー!ってニートの方も肩の力を抜いて気楽にいきましょ!!

 

ニートの就職情報まとめは下記のリンクからどうぞ!