ITエンジニアは未経験ニートからでも就職しやすいからおすすめ! | プログラマーじゃなくてシステムエンジニアね!

f:id:SHISHAMON:20180512060342p:plain
このページは「ITエンジニアは未経験ニートからでも就職しやすいからおすすめだよ!」ということを紹介するページです。

ちなみにおすすめするのは、システムエンジニア。

システムエンジニアとプログラマーの違いは後ほど詳しく解説します。

 

こんばんわ、シャモです!

今日はニートからでも就職しやすい職種、ITエンジニアをご紹介!

私自身もニートを脱出して就職したのはITエンジニアでした。

就職活動をする際に私がミスったことなんかも紹介するので、ITエンジニアに興味がある方は読んでみてくださいね!

 

 

ITエンジニアには種類がある

一言でITエンジニアとまとめられてしまうことが多いですが、実はITエンジニアにも種類があって仕事内容が全然違うんですよね。

厳密に分けると4~6種類ほどに分類されるようですが、ひとまずプログラマーとシステムエンジニアで仕事内容が違うと思っていただければ大丈夫です。

 

プログラマー(PG)の仕事内容

プログラマーの仕事内容は、プログラミングでシステム・アプリなどを作ること。

めちゃくちゃ大雑把な説明ですが、ひたすら製作する仕事だと思っていただければ大丈夫です。

おそらくIT業界に詳しくない方がイメージするITエンジニアはこのプログラマーじゃないでしょうか。

正直に言いますが、未経験ニートの方がプログラマーに就職するのはかなり厳しいです。

プログラマーに就職する多くの人は、大学・専門学校でプログラミングをきっちりと学んだ経験者たちです。

新卒だと稀に未経験者がプログラマーとして就職できることもありますが、入口がかなり狭いうえに入社してからの苦労は相当なものだと思います。

今は未経験だけど「どうしてもプログラマーになりたい!」という方は、開発・インフラ両方の事業をしている会社に入る、システムエンジニアとして経験を積んでから転職するのどちらかが現実的です。

開発=アプリなどを作ること
インフラ=サーバーやネットワークの構築・保守

 

システムエンジニア(SE)の仕事内容

システムエンジニアの仕事内容は、 システムの提案・要件定義・設計書の作成・テスト・システムの運用・保守など。

上記のようなインフラ系の仕事をメインに行うのがシステムエンジニアです。

仕事内容だけ見るとかなり難しそうに見えますよね。

簡単に説明すると、お客さんとどんなシステムを作るか話し合う、システムがちゃんと動いているか確認する仕事です。

「未経験でなんの知識も無いのにどんなシステムを作るか話し合うなんて無理!」

そんなことを考える人もいるかと思います。

安心していただきたいのは、上記の仕事内容を新人1人にすべてを任せる会社はありません

システムエンジニアのほとんどは客先常駐という形で仕事をするのですが、まともな会社であれば同社の社員がすでに配属されている職場に新人が参加することになります

客先常駐=お客の会社に通勤して仕事をする

稀に同社の社員がいない環境に新人を送り込む会社がありますが、現場が危険な役割を未経験の新人に任せることはないです。

それよりも未経験の新人を客先に単独で送り出すようなIT企業はブラックな確率が高いので、そちらの方が要注意ですね。

 

ニートから就職するならプログラマーよりもシステムエンジニアがおすすめ!

ニートから就職するならば、プログラマーよりもシステムエンジニアがおすすめ!

というか先ほども言ったとおりプログラマーは経験者じゃないと雇ってくれる企業が少ないんですよね。

そんな理由もありますが、システムエンジニアはなかなか魅力的な仕事ですよ!

知識や技術よりもどちらかというとコミュニケーション能力の方が重要なために、未経験で知識が無くても雇ってくれる企業はかなり多い、そして業界的に給料も悪くない。

そのほかIT系の知識(ネットワーク・サーバー関連)をめちゃくちゃ勉強できるのもシステムエンジニアの強みですね。

配属される現場によって仕事内容はもちろん変わりますが、どれも無駄になる知識ではないですよ!

 

ニートからIT業界に就職するなら就職エージェントを使うべき

ニートからIT業界に就職するなら就職エージェントを利用したほうが良いです。

ニートの方は今までの経歴をカバーするためにも就職エージェントを利用すべきですが、IT業界に就職するならブラック企業を避けるためにも使うべきです。

正直に言いますが、IT業界はブラックな企業も結構多いんですよね。

もちろん良い企業もたくさんありますが、自分で探してきた企業に就職するのはかなりのギャンブルです。

私の経験談が下記。

就職エージェントから紹介された企業から内定をもらう。

 

しかしその内定を辞退。

 

そして自分で勝手に探した面談だけで入社が決まるIT企業に入社。

 

当時の私は、社員の平均年齢が低い、フランクな感じが良いというだけでその企業を選択。

 

入社後にとんでもないブラック企業だと判明。(法律に違反した契約書にサインとかさせられた)

 

こんな会社無理と感じて数ヶ月で会社を辞める。

上記のような悲しみを味合わないためにも、就職エージェントを利用したほうが良いです。

利用も無料ですし!

ちなみに就職エージェントをおすすめする理由としては、自分達の会社の評判のためにもブラック企業の紹介は避けるから。

就職エージェントの方達もビジネスで就職支援をしているので、当然ながら評判が下がることは極力避けますよね。

言い方は悪いですが、"自分達のために"ってのが個人的にはかなり信頼度が高いです。

そして就職エージェントの仕組み的にもブラック企業を避けやすくなってるんですよね。

エージェントの仕組みは下記。

  • ①就職エージェントから紹介された企業に入社
  • ②企業は就職エージェントに紹介料を支払う

 

重要なのは②。

紹介料まで払って入社させた社員がすぐに辞めるようなことします?って話です。

ブラック企業は人がすぐに辞めてしまうため、紹介料を払ってまで人を集めたりはしないんですよね。

そういった理由などから、個人で就職活動をするよりもエージェントを利用するほうが安全性はかなり高いです!

単純に自分が希望する条件の企業を見つけやすいこともあるので、利用して損は無いと思いますよ!

 

次章でIT業界を目指す際におすすめの就職エージェントを2つ紹介しますね!

 

ワークポート

IT業界・Web業界を目指すなら1番おすすめ!

ワークポートは未経験でも挑戦したい業界の求人を紹介してくれる転職エージェント。

未経験OKの求人がほとんどのため、ニートでも利用することが可能です。

利用制限:なし
求人の待遇:正社員、派遣

年齢も不問で利用することができますが、23~35歳の求人をメインに取り扱っているため、35歳を超えてしまうと求人数が減少してしまう点は注意です。

ですが、35歳まで問題なく利用できるというだけでかなり貴重ですよね。

これは転職エージェントならではの強みじゃないかと思います。

ワークポートが気になる方は下記の記事を読んでみてくださいね!

 

DYM就職

MeetsAgent

DYM就職は、既卒・第二新卒・フリーター・ニート向けの就職エージェントです。

利用制限:なし
求人の待遇:正社員のみ

年齢・経歴ともに不問で利用することが可能ですが、30代になると求人の数がグンと減ってしまう点は注意です。

DYM就職の最大の特徴は、利用者からの評判の良さ

そして利用者の就職成功率が96%だというのもかなりの強みですね。

DYM就職が気になる方は下記の記事を読んでみてくださいね!

 

システムエンジニアは向き不向きがある職種だとは思いますが、合う人とはとことん相性が良いんじゃないかと思います。

あくまでも私の意見ですが、参考にしてみてくださいね!

 

ニートの就職情報まとめは下記からどうぞ!